So-net無料ブログ作成
検索選択
クローン病 ブログトップ
前の10件 | -

10月の診察と11月の検査と12月の診察と [クローン病]

すっかり更新してませんでしたが
今年一年ももう終わると言う事で(強引?)
いまさらながら10月と11月の話でも。。。


まず10月の診察の話から。

血液検査の結果

CRP 0.45
白血球 4600
ヘモグロビン 12.1


久々のCRP陰性ー!
でも、時々お腹が張ることを報告。
先生も触診で、張りが気になると言うことで
11月に検査+バルーン拡張をすることに。


で、11月に旭川医大で検査を受けに。
はじめは20日にやる予定だったんだけど
仕事の都合でどうしてもいけなくて
26日にしてもらいました。

バルーン拡張自体は無事に終わり、
検査結果もよくなっているところもあれば
悪くなっているところもあり
トータルで考えるとあまり変わっていないとのことです。

ちょっと閉塞気味になっていたらどうしようかとおもってたけど
とりあえず一安心しました。

9月通院日 [クローン病]

いつもは土曜日に行くんだけど、
29日は用事があるので
金曜日に行ってきました。

さて、今回は風邪気味なのと、
数日前からお腹が張ってて
あまり調子がよくなかった。

というわけで、採血結果。

CRP 2.34
白血球 4300
ヘモグロビン 12.1

やっぱりCRPはちょい高め。
でも、その他は前回よりはいい値。
まあ、全体的に結果としては微妙。

診察の時に先生に調子が悪い事を正直に告白(笑)
触診でもお腹が張ってることが気になったらしく
先生と相談して11/8日に大腸カメラ+バルーン拡張を
することにしました。

約1年半ぶりのバルーン拡張となります。
もちろん旭川医大でw

自分でも定期的にバルーン拡張はしたほうがいいとは思ってたので
そろそろいい時期かなと。

あと、足の手術の件は承諾を得ました。
どんどん切っちゃってということでw

ただ、次回の診察日が27日で足の手術と
重なっちゃったので、要スケジュール調整です。
手術日がずらせなかったら、診察日を変えます。
(レミケードを早めることになっちゃうけど。)

またまた通院。しかもハシゴ。 [クローン病]

25日はレミケードの関係で8月2回目の通院。

ちなみに前日は誕生日だったんだけど、Aさんと看護師さんのいたずらで
外来にあるカレンダーに書かれてたので、
外来の看護師さんみんなにおめでとうと言われる(笑)

でも、プレゼントは採血らしい(泣)
というかそれって貰うどころか取られらますが?w

で、まずは採血結果。

CRP 1.13
ヘモグロビン 11.5
白血球 4300

CRPが若干上昇。
その後レミケード。
いつものごとく副作用もなく無事終了。


さて、いつもならこれで終了なんだけど
この日はもう一つの病院に行く。

なんでかというと、足に謎の出来物が出来たから。
自分では魚の目だとおもって、しばらく放置してたんだけど
段々痛くなってきて、歩くのにも痛みが伴うようになったので病院に行こうかと。

魚の目ごときで行くのもと思ったんだけど
家の近くの皮膚科に電話で診て貰えるか
確認してから行きました。

行った皮膚科はどちらかというと美容?に力を入れている感じで
ちょっと場違いな雰囲気を感じながらも診察に。

看護師さんに見えた時に、魚の目令と疑問形で診てたのが気になる(笑)

で、その後先生に診てもらうと魚の目ではなかったわけで。
結論からいうと麻酔して切って縫わないといけないらしい。

というわけで、しばらく皮膚科にも通院します。

8月通院日 [クローン病]

先週は通院日。

さて、今回も言い訳からはじめます(笑)
ちょうど通院日の週の水、木曜日と仙台出張がありました。

仙台といえば、そうです、牛タンですw
(笹かまとか萩の月とはずんだ餅とかもっとお腹に優しい物もあるけど)

会社の人がご飯に行こうということで
せっかくの機会なので有名な牛タンのお店に行く事に。

地元の人も美味しいというところで
肉厚もかなりのもの。。。

ちょっと心配だったものの食べました。

れくらいかというと、牛タンだけでお腹が一杯になるくらい。
ご飯ものとか食べずにです。
明らかに食べすぎ。でもおいしかったんです。

次の日も仙台で打ち合わせだったので心配だったものの、
以外に何でもありませんでした。
腹痛もなく詰まった感じもなりません。

でも、これは結果オーライなわけで
決して真似はしないでくださいよー。
(する人はいないと思うけど。)

NG食を食べる時はあくまでも自己責任で。


以上の経緯を踏まえて、今回の血液検査結果。

CRP 0.89
ヘモグロビン 11.4
白血球 5400

数値は特に大きな変化はなく一安心。
ただ、いつもは低い白血球が正常値に。
これはロイケリンを減らした影響かも。

触診とかでも異常は見られず今回はすんなり終了。

次回診察日はレミケード投与日の関係で8/25日。

7月の通院日 [クローン病]

先日(といっても2週間前)は通院日でした。

前回、前々回と続けて診察日の前のお腹の調子和悪くなり
今回も悪いとさすがに何を言われるかわからないんので
診察日の1週間前から食事をセーブする作戦に(笑)
基本的に一日一食にして、足りない分はエレンタールでカバー。

さて、この結果どうなったかというと

CRP 0.69
ヘモグロビン 12.1
白血球 3700

作戦が功をそうしたのかまずまずの結果に。

っていつも食事をセーブすれば良いじゃんって突っ込まれそうだけど
なかなかそうもいかないわけで。
人間の3大欲ですから〜。


次回は8/11日。

6月通院日 [クローン病]

昨日は通院日でした。
珍しく早い更新です(笑)

と、その前に。
じつは診察の数日前からお腹の調子が微妙に良くなく
まずいなーとおもったら水曜日に腹痛が来ました。
明らかに流れが悪くなっている感じ。
診察日には回復してましたが、ちょっといやな感じ。
CRP5オーバーを覚悟して診察に^^;

腹痛の件、先生に正直に告白して
ドキドキの血液検査結果。

CRP 1.5
ヘモグロビン 11.3
白血球 2400


CRPは期待を裏切る1.5とまずまず。
しかし、白血球が急降下の2400。
3000を切ったのは多分はじめて。
普通腹痛とかあると白血球って上がるよね?
ヘモグロビンの値も前回より低い値。

なんでだべ。

先生曰く、ヘモグロビンが下がってるけど白血球も下がってる場合は
炎症による出血のせいではないらしい。
あと考えられるのは、レミケードがロイケリンの影響。
といっても、これもずっと使ってるので
いまさら影響が出るとは考えづらい。

とりあえず、ロイケリンの量を0.2g→0.1gにして
様子をみることにしました。

あ、そうそう。
採血が終わって待合室に戻ると看護師さんが来た。
なんでもAさんが来いと言ってると(笑)

で、診察までずっとおしゃべりしてて結構有意義な時間でしたな。

診察が終わってからも話したんだけど
ちょっと辛そうで、疲れさせるといけないので
早めに失礼しましたが。。。

次回診察日は7月7日。
(北海道の七夕は8月7日( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー)

5月の通院 [クローン病]

もうすでに2週間近く前なんだけど通院日でした。

で、いつもの採血結果。
CRP 4.08
ヘモグロビン 13.0
白血球 6000

またまたCRPが上がってしまった。
まあ、心当たりはたくさんあるんだけど^^;

この日はレミケードで暇つぶしに
DSと本を持っていったんだけど
そんなのまったく必要ないくらい爆睡してました。

久々の更新&2月と3月と4月の通院 [クローン病]

お正月の挨拶以来、ずっと更新が止まっていましたが再開します。

きっかけはある方からのメールでした。
こんなブログでも読んでいる方がいて
そして更新を楽しみにしているという方がいることがわかり
ふたたびやる気が沸いてきました^^;

というわけで、再開一発目はたまっている通院記録w

2月の検査結果
CRP 7.03
ヘモグロビン 12.2
白血球 6100

3月の検査結果
CRP 1.49
ヘモグロビン 11.6
白血球 4500

4月の検査結果
CRP 0.66
ヘモグロビン 12.5
白血球 7900


2月のCRPに注目w
いやじつはタイミング悪く(笑)
通院日の前日くらいからお腹が痛くて張っていたんです。
やばいなーと思いつつ診察になり
机の上に置いてあった検査結果を横目でチラリとみると
あらビックリの数値が。

さすがに覚悟して先生に正直に告白。
すると先生は
「数値的にも問題ないし、様子みるか。」

え???
思わぬ言葉にそのまま引き下がる(笑)
噂によると先生はたまに見て見ぬふりをするらしい。
なにも言われなかったのは、自分は去年同じような状態の時に
先生の1時間以上に及ぶ入院の説得に応じなかった前科があるのも原因か?

ちなみに翌月の診察の時に
「CRP7あったときはどうしようと思ったけど」
という一言が。
なんだやっぱり見てるじゃんw
でも、そういうところが好きです(笑)

ちなみに4月にはいたって普通の数値になっております。

まあ、何とかなってるのはエレンパワーのおかげだと思ってますが。

1月通院日 [クローン病]

あけましておめでとうございます(遅
今年もよろしくお願いしますm(__)m

更新頻度がかなり減ってますが、最低限月1で更新はします^^;

さて、血液検査の結果。。。

CRP 0.57
ヘモグロビン 11.7
白血球 4200

各数値ともほぼ横ばいで大きな変化はなし。
年末に腹痛に襲われたりしたんだけど
その影響もないみたいで一安心。

その後はレミケード。
この日もとくに問題なく終了。

通常は投与後にしばらく安静にしていないといけないんだけど
自分はまったく副作用が出ないため、投与後すぐに開放してもらえました。

かなり拘束時間が減ることになるので楽になりました。

あと、経腸セットがちょっと変更になりました。
自分はテルモの在宅セットを使ってますが、
これチューブの接合部の違いで3種類くらいあるのですが
なぜか前々回からチューブとの接合部が違うものが
支給されることになりました。


t1.JPG

左側:今までもらってたやつ
右側:前々回からもらうようになったやつ







t2.JPG








経鼻カテーテルとの接合部が違うため、
今までのカテーテルだと接続できない。

といっても、それに気付いたのは自分でして(笑)、
もらうときに色が違うことに気付いてたんですが
とくに気にせずに持ち帰ったて家で確認したら
付かないことに気付きました。

看護師さんも知らなかったらしく、
12月の通院のときに前の仕様のやつを
もらえるようにお願いしておきました。

で、今回以前のものをもらえるとおもっていたら
新しい在宅セットのチューブと、古い経鼻カテーテルを
つなげるアダプタがあって、それを使うことになりました。


t3.JPG

アダプタ






多分以前点滴と経腸栄養を間違えて接続した医療事故があったから
その影響なのかな?
看護師さんは新しいのに移行期だと言ってました。

12月の通院日 [クローン病]

先日は通院日だったので久々の更新^^;
採血検査は。。。

CRP 0.49
ヘモグロビン 11.9
白血球 4600

CRPは2月以来久々の陰性に。
調子のいいので診察もすんなり終了。

ただ、4月くらいに腸閉塞気味になった件について
レミケードを使っていたので厚労省に報告しないといけないらしい。
その件で一応確認をされた。

腸閉塞気味になったのは狭窄があるので
なにかのきっかけで腸が腫れたりすると
流れが悪くなるからだろうということで
レミケードの副作用ではないとおもうんだけど
レミケードを使っていたということで報告しないといけないらしい。

今現在、狭窄があるとレミケードを使わない医者の方が圧倒的に多いらしい。
使うほうがアウトローみたい(笑
でも、自分はレミケードのおかげもあって退院してから
2年間入院しなくて済んでいるのも事実なので、
少しでも自分の事例が役立てばいいかな?

ところで、診察が久々にお腹が痛くなり
数日苦しみました・・・。

前の日の忘年会のちゃんこ鍋が原因なんだろうか・・・。
前の10件 | - クローン病 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。